近況報告

毎日を精一杯生きることをなんとなく考えるようになった今日この頃。

 

子ども達を大学までやらなければならないためにも、お金を稼ぐ事をまだまだしていかなければならない一方で

もっともっと多くの命と向き合った仕事を増やしていきたいという思いとを

天秤にかけながら、どこでバランスを取るかを考えあぐねる日々。

 

ここ数年で価値観が急激に変化していっているのは、何も私だけではないのかもしれないけど

沢山の方と知り合い、影響を受け、変化していく自分を意識しています。

 

どんなに忙しくても、どうしても今会わないとだめだと直感し、南伊豆まで出向いてミツバチの巣箱を作るワークショップに参加したり

田んぼの援農に行ったり。
様々なイベントに参加して、友人たちに刺激をもらったり。

 

今年はしばらく休んでいた陶芸教室も復活。
着々と作品が増えていったり。。。。

な、毎日です。

 

畑の野菜を収穫するたびに、

食べられるものは土の中(大地)から生み出されているんだなという不思議な感覚がわいてくる。
もしからしたら、食べ物をお金で買う事になれすぎてきたせいなのかもしれないし、
自分も畑の野菜達と同じように、命の循環を成す一部にすぎないという事を、ようやく意識しはじめたのかもしれない。

そして湯河原中がみかんの香りでつつまれた5月。

今日も人生を紡いでいく仕事をきちんとこなした。
満足感を一日の終わりにかみしめられるようになった気がする。

と、充実している様な書き方をしているはいるものの
毎日これでいいのか?間違っていないか?悩むことは相変わらずだし
畑の作物も失敗ばかりで、なかなか育たなかったり
友人の言葉にちょっと傷ついたり

ありきたりながっかり感は毎日やってくるけれど、
今思う事は、それをひっくるめて、ただ受け止める。
それができるようになって、心は少し、穏やかでいる事が多くなった気がします。

今日に感謝です。